店舗集客3:店舗集客における最強の集客法

ew

「店舗集客における最強の集客法」のお話です。
集客法と一言で言っても本当にいろいろ考えられますよね。

紙媒体であればチラシ、パンフレット、DM、ニュースレター、小冊子など。
店頭であればPOP、看板、ネオン、バナー、などなど。

オンラインですとホームページ、ブログ、ツイッター、メルマガなど、
その他、FAXDMや宣伝カー、テレビやラジオCMなど。

まだまだあげればたくさんありますよね。

では、数ある集客法の中で最強の集客違法というと何だと思いますか?
以前この投稿でお客様の前には3つの壁があるというお話をしました。

「読まない」「信じない」「行動しない」

でそれぞれの壁を越える方法について書きましたが、
これらの壁も一気に飛び越えてしまうような最強の集客法があります。

それが「紹介」という方法です。

もし、あなたが何か商品を買おうと思った時に親しい友人から
「それなら○○というお店の□□というブランドのものが一番いいよ!」
と言われたとしたらその商品を買いに行くと思いませんか。

広告は信じなくても友人の意見は信用する人が多いと思います。

これは商品だけでなくお店でもサービスでも同じことが言えます。
自分が行って良かったお店や受けてみて良かったサービスなど
聞かれなくても自分から言いたくなってしまう事ってありますよね。

すでにあなたのお店の常連客の方に
一言お願いをするだけでも効果はでてきますよ。

また、口コミをしてもらうためのツールを用意するのも手ですね。
たとえばユニークなショップカードやサービス券など
つい人に見せたくなってしまうようなものなどGOODですね。

ぜひこの「紹介」という方法一度お試しください。
では店舗集客ガンバっていきましょう!

この記事の執筆者

増井貴司
1973年生まれ大阪出身、
・株式会社DigitalCurve代表取締役
・WEBマーケティングコンサルタント
・上級システムエンジニア
・テクニカルWEBデザイナー
大学卒業後、モトローラ(イギリス)、JTB I.T部門(オーストラリア)、NEC(日本)でシステムエンジニアとしてインターネットの技術者となる。
I.T業界20年以上というシステムエンジニアのキャリアを活かしたテクニカルから 行動心理学をベースとしたマーケティング、コピーライティング、WEBデザインなどを中心に事業を展開中