WEBコンテンツで稼ぐ視点

ew

最近「コンテンツ イズ キング」と言う言葉を良く耳にします。

書いて字のごとく「コンテンツは王様」なのです。

なぜ今コンテンツに注目しなければいけないのか。
これからコンテンツ作成に取り組む方への内容でお届けいたします。

コンテンツはなぜ重要なのか?

昨今、戦略的なWEBマーケティングでは「WEBコンテンツ」を作れるかどうかは
非常に重要なスキルになりましたね。

まあ、ネットで情報を発信しようと思うなら当たり前のスキルですが、、
このコンテンツが大きくなるに連れて、ブランドが構築されていきます。

実は、集客の観点でもコンテンツは重要です。
なぜなら、長期的な集客手段はGoogleを初めとする検索エンジンが最強だからです。

検索エンジンは、検索者にとって「有益なコンテンツ」を検索結果の
上位に出そうとしますので、誰の役にも立たないようなコンテンツでは、
なかなか集客できない訳です。

このGoogleが有意義なコンテンツを検索結果の上位にもつてくる技術
というのは、日進月歩で成長していますし、なめてはいけません。

専門の僕でさえ、人間が内容の精査してるんちう?と思うぐらいですから。

また、今はTwitterやFacebookといったSNS(ソーシャルメディア)の動きも
見逃すことはできないですよね。

ソーシャルメディアで話題に なったサイトや商品・サービスは一気に認知度
があがりますし、サイトへのアクセス数も増えます。

結局インターネットでは、どう転んでも「コンテンツ」が重要なのです。

当たり前ですよね、インターネットを使う最大の目的は「情報の共有そして検索」
なのですから。

という事で、ハードルは高いですがこれからは、ソーシャルメディア上でも
話題になるようなコンテンツが必要となってきます。

見込み客育成の観点でも、コンテンツは重要です。

お客さんは様々なサイト(コンテンツ)を見て日々成長しているので、
質の悪い情報にはよって来ませんし、競合との比較を自然としているからです。

コンテンツとは何ぞや?

コンテンツという言葉は非常に分かり難いです。

実際「これがコンテンツだ!」と言う事は難しいですよね。

なぜか?

簡潔に言えば「コンテンツとは、WEB上でコミニュケーションする手段」
と言う事です。

コミュニケーションと言えば、メール、電話、手紙、日常の会話

そして!

WEB上では、このコンテンツたちが私たちの話し相手となります。

特にビジネスの場合それは顕著で、
通常は「コンテンツ」を通じて、買い手と売り手は繋がります。

今や買い手は様々なコンテンツを通じて、売り手の事を知り、
競合他社との比較を行い、そして購買やサービスの申し込みなど
コンテンツを通じて、私たちはお客さんと繋がるのです。

サイト(コンテンツ)の品質=お客様とのコミュニケーション力
もしコンテンツの質が悪い場合、自分の提供している商品やサービスの情報が
上手く相手に伝えられていないと言う事になります。

これはイコール「売れない」を意味しています。
情報を伝えるコンテンツの質が悪かったり、「コンテンツが存在しない」のであれば、
どんなに良い商品やサービスでもその価値は相手には届かないと言う事。

「コンテンツの品質は、現実世界で言うコミニュケーション力」
という事ができると思います。

ただコンテンツを作ればいいというものではない!

コンテンツの製作を洗練させること、
これはすなわち、お客さんとのコミュニケーションを最適化するということです。

何も考えずに作られたコンテンツは、意味が無いどころかノイズになって
コミュニケーションの邪魔をします。

もし、現実の世界でのコミュニケーションで考えた場合。。

「好きなタイミングで」
「好きな事を」
「好きなだけ」
「好きな人に」

話せばそれでコミュニケーションになるでしょうか。

多分、なりませんよね。

WEBの世界でもそれは同じです。コンテンツも

「適切な内容を」
「適切なタイミングで」
「適切な相手に届ける」

少なくともこれを考えて作らなければなりません。

購入者の事を考え最適な「コンテンツ」を作ることが重要その前提として、

ターゲットとする人間は誰で、どんなニーズやウォンツを抱えていているか
把握し、そのニーズやウォンツを満たしていくまでに、買い手はどんな思考の
ステップを踏んでいるかを理解することが必要です。

これは、つまりマインドフローやコンセプトダイアグラムに通ずる部分です。

簡単に言うと、商品を購入するまでにどういう思考をしているのか
を逆算していくと考えてもよいです。
また、ターゲットとする購入層が「どの様なコミニュケーションを普段しているのか」
「どんな方法で情報を得ているのか」といった事を知ることで、
自分たちの情報をうまく「見つけてもらう」という今流行のインバウンド・
マーケティングにもつながっていきます。

いやこれこそがインバウンドマーケティングなのです。
最後に重要な事ですが、結局はリアルビジネスと同じで、相手のことを
いかに考えきれるかが重要となります。

そして、これはビジネスですから、マーケティング的にお客さんのことをきちんと
把握し、その上で適切な内容を、適切なタイミングで、適切な相手に届けられるか、
ということも重要です。

「コンテンツが大事」なんて今に始まったことではないよね、という声に対して
実は、コンテンツが重要であると言う事は、最近始まったことではなく、
ネットが普及してからはコンテンツによって、見込み客を集めて顧客へと教育し、
販売に至らせるビジネスモデルを組んでいるところはいくらでもありました。

しかし、WEBは急速に発展していますし、Googleの変化、ネットに対しての
情報リテラシー(教養)、購買行動の変化によって、過去の何十倍もコンテンツの
重要性は高まっているのです。

「コンテンツ・マーケティング」「コンテンツ戦略」という言葉は適切か?

コンテンツ・マーケティングやコンテンツ戦略は2つの意味があります。

その理由は「コンテンツ・マーケティングやコンテンツ戦略」という言葉の曖昧さ。

・コンテンツを使ったマーケティングなんて昔からある。
・どんなビジネスでもコンテンツが存在するのは当然だろ?
・コンテンツだけではどうしようもなく、色々なマーケティングの様なものがあって、
 その中でコンテンツを使っているだけ。

まあ、その通りだなと感じます。

コンテンツはそれ単体では力を発揮しないので、例えばサーチマーケティングや
ソーシャルメディアマーケティング、メールマーケティングなどと同列に語るのは
変な話です。

また、コンテンツ戦略やコンテンツマーケティングはどうしても「流入メディア」
を想起させてしまいます。

しかし、

コンテンツの重要性はどんどん増していく昔以上に「コンテンツ」そのものの作り方や
使い方のノウハウが必要とされる他の様々なマーケティングを横断する存在として、
他のマーケティング手段とはある程度独立した形で「コンテンツ」のノウハウが
蓄積されるべきではと思っています。

と言う事で「コンテンツ戦略」というよりは
「戦略的コンテンツ制作」が需要であると言う事を意識しながら日々のコンテンツ
作りの参考になるとよいですね。

この記事の執筆者

増井貴司
1973年生まれ大阪出身、
・株式会社DigitalCurve代表取締役
・WEBマーケティングコンサルタント
・上級システムエンジニア
・テクニカルWEBデザイナー
大学卒業後、モトローラ(イギリス)、JTB I.T部門(オーストラリア)、NEC(日本)でシステムエンジニアとしてインターネットの技術者となる。
I.T業界20年以上というシステムエンジニアのキャリアを活かしたテクニカルから 行動心理学をベースとしたマーケティング、コピーライティング、WEBデザインなどを中心に事業を展開中