WordPressをビジネスへ活かす

ew

WordPressを使おう!

本日シェアーするのは最近ではもう知ら
ない人がいないWordPressについて。

でも、意外と名前だけでまだまだ、
WordPressを使用してどんな事ができる
のか分からない方も多いと言うのが現状。

そこでこの記事では少しその辺りを
説明して行こうと思います。

WordPressの使い道が理解できたら、

自分の情報発信やビジネスに是非活用
して欲しいと思います。

私は、自分のお客さん(個人、企業を問わず)
にもホームページ、ブログなど一昔前はHTML
だったものをWordPressへ移行することを
オススメしています。

ご相談も随時受け付けてしていますので
是非どうぞ。

では、早速ですが、

WordPressはなぜ凄い?

WordPressを使う利点は何点かありますが、
大きな利点と言えばやはり

・SEOに適している
・プラグインが多い

この2点に尽きると思います。

先ず、言わずと知れたSEOですが、

SEOはウェブでは長期的な運用を考えた場合
超重要な要素(検索順位を上げる)で、

Google社もWordPressは検索エンジンと相性
が良い事を正式アナウンスしています。

Google社は正式な発表をあまりしない
ナゾの多い会社ですので、そのGoogleが
公式発表するぐらいだから100%やった方
が良いと言う事です。

実際WordPressの内部ロジックはSEOに
優れていますし、

私の調査でも色々なカテゴリーで検索
結果にの上位表示されているサイトは
WordPressベースのものが半数以上です。

所謂、デファクトスタンダードといつても
良いのです。

そして、次にプラグインが多い事。

WordPress以前のウェブサイトと言うのは
例えばメールフォームなどのお問い合わせ、
サイト上に表示される地図、お店の予約
など、個別に開発しなければならず、

案件毎に開発コストが発生していた訳です

しかし、

WordPressはオープンソース(誰でも機能開発
ができるよと言う事)ですので世界規模で無償
開発してくれる人達がいる環境です。

だから、プラグインだけ導入すれば、現在
一般的に需要のある機能とうのは簡単に
実現してしまう訳です。

と言う事で次に、

プラグインで具体的にどんな事ができるのか
需要の多い機能でピックアップして見たいと
思います。

WordPressで出来る事

では一般的に需要のある機能を
早速ズラズラ~っとご紹介しますね。

・お問い合わせなどのメールのフォーム
・店舗ビジネスに多い「アクセス」で
 地図を表示させる。
・最近支流の動画をサイトに埋め込む
・SNSのシェアーボタンを設置する
・地域、デバイス、時間、サイト内の移動
 などなどの調査を行うアクセス解析
・カテゴリー、メニューの多彩なカスタ
 マイズ機能
・SEOの強化
・ログインすればコンテンツにアクセス
 できるメンバーサイト
・メニューバー(グローバルメニュー)の
 カスタマイズ
・PC,スマホなどで表示を変化させる
 レスポンシブ表示
・サイトのトップイメージを切り替えする
 スライダー機能
・表示速度を上げるキャッシュ、レンダリング
 の改善機能
・リンク切れを自動検出、自動修正機能

などなど、

でも、これでもほんの1%ぐらいの機能です。

まあ、世界中で同志が開発していますので、、、

その他、

セキュリティ機能を始め色々と無限に機能が
追加できると言う事です。

これらに合わせて、コードを自分で改修できる
人はもっと自分だけのサイト構築をしたり
することができる訳ですね。

WordPress導入時の注意点

ここまでWordPressがいかに便利、機能的かを
ご紹介しましたが、

導入したいと考えられた方のために、注意したい
ポイントを最後にまとめておきたいと思います。

それは、どこのレンタルサーバーにするかと言う
問題です。

なぜサーバーが重要なのかですが、

サーバーを他社へ移動したりする移行作業と
いうのはリスクも、時間も掛かるためです。

と言う事で、

安いからと言って飛びつかない様に!

レンタルサーバーによっては、WordPressが簡単
にインストールできる管理ページを提供している
ところも多いので導入の際のポイントにして下さい。

あとは、サイトのアクセス数(ビジター数)です、
あまり安いレンタルサーバーにしてしまうと、
アクセス過多になった際、サイトが見えなく
なってしまう事も考えられますので。

中堅クラスのサービスを選ぶと良いと思います。

本日はここまで!

この記事の執筆者

増井貴司
1973年生まれ大阪出身、
・株式会社DigitalCurve代表取締役
・WEBマーケティングコンサルタント
・上級システムエンジニア
・テクニカルWEBデザイナー
大学卒業後、モトローラ(イギリス)、JTB I.T部門(オーストラリア)、NEC(日本)でシステムエンジニアとしてインターネットの技術者となる。
I.T業界20年以上というシステムエンジニアのキャリアを活かしたテクニカルから 行動心理学をベースとしたマーケティング、コピーライティング、WEBデザインなどを中心に事業を展開中