▷コピーライティングとは?


コピーライティングとは

コピーライティングとは商品の広告のために
文章つまりコピを書く事をさします。

コピーライターはそのコピーを考える事を主な
仕事にしている人達の事を言います。

コピーライターと聞いて多くの人はTVのCMや
有名企業のキャツチコピーを想像するのでは
ないでしょうか?

所謂、より多くの人へ伝えるマス広告
に近いこがこれです。

これらのコピーは、自然と耳に入り、心に残り、
る様な文言(コピー)が良いとされています。

こういった広告などに用いられるコピーは
基本的にそんな要素を重視されて作られています。

テレビCMやパッと目に入る程度の雑誌、新聞、
ポスター広告などに要求されるコピーは主に
「商品に対して何らかのイメージを与える事」
を目的に作られています

その商品を「売る事」を目的にはしていない
という事です。

もちろん、

どんな商品も最終的には売る事を目的に作られて
いますがその「コピー」はあくまでも商品の
「イメージ」を植え付け、それを認識させる事を
目的に作られているのです。

なぜか?

なぜなら、マーケティングデータによって
テレビCMなどは「商品を売り込むための広告」
より、「イメージを与えるための広告」として
活用する事が効果的だと科学的に証明されて
いるためなのです。

と言う事で、

これまでのコピーライターは、キャッチ
フレーズとなるようなコピーには、
そのイメージ戦略を求められるというのが
一般的な要求であった訳です。

しかし、このコピーの業界にも変化があり。

テレビや新聞、雑誌などの広告媒体を
呑み込んでしまう新たな広告媒体が
誕生し他と言う事です。

それが「インターネット」です。

コピーライティング新時代到来!

テレビ広告や雑誌広告は、視聴者が
「広告を見たい」という意識のない
顧客に対して、

ネット上の広告は「見る」という意識
で見られるものであったため「イメージ
重視の広告」は「売るための広告」へと
変化していったと言う事です。

例えば、

何かの商品を紹介する広告サイト1つで、
商品への興味を与えるところから、
それを売り込んで購入してもらうという
ところまで、その全てのプロセスを全て
行う必要性が出てきたのです。

冒頭でお話した、

インターネット登場以前に重視されて
いたイメージ先行型のコピーは
「感覚的」だった事に対し、

ネット広告には「論理的」な観点も
求められるようになってきたのです。

どういう事か?

コピーとは、これまでの商品に対して
のイメージを与えるというだけの
コピーではなく、

論理的な文章で商品の良さを伝え、
共感を与え、説得し、最後には購入
という行動を起こしてもらう、
そんなコピーが求められる様に
なったと言う事です。

もちろん、ここには大きなビジネス
チャンスも生まれた訳です。

今まで多額の費用を広告費として
出せる企業でないと広告活動という
のは不可能であったのですが

ネットの登場で、誰もが簡単に商品の
PRページを作成していく事が出来る様
になったので多くの事業者や個人が
そこに参入していくようになって
いったという訳です。

例えばこんな感じです。

1.自分の知識などを商品、
  サービス化する
2.コピーのスキルを使いブログ、
  ホームページ、LPなどの販売
  ページを制作する。
3.広告を行う

この様に、

誰もが自分が考え出したコピーによって
収入を生み出せる、そんな時代が到来
したという事です。

そして、実際世の中には、

個人レベルで何千万、何億円というお金
を稼ぎ出す人達が登場している現状が
あります。

日々使用人口が増え続けるインターネツト、
そしてそこで魅力的なコピーで広告を行う
事で爆発的に売り上げると言う事が可能に
なっているのです。

この様に、

ネット上でのビジネスはページ上に書かれている
コピーがビジネスの勝敗を分けると言っても過言
ではないと言う事です。

いかに読み手に興味を与え、共感を与え、行動を
起こさせるか。

その心理プロセスを巧みにシフトさせるような
文章こそが多くの利益を生み出していくという
事です。

これまでコピーライターという仕事は
イメージ重視のコピーを考えてそれを大手の
企業に提供する、そんな限られたルートでしか
才能を活かせない仕事でした。

しかし、

今は自分自身の商品や自分自身の利益のため、
何かの商品を売り込むための文章を書くという
行為で十分にその才能を活かす事が出来るよう
になっています。

実際に今はその才能を活かして数千万円
単位はおろか、

数億円単位の収入を手にしているコピー
ライターも存在する、そんな時代が到来
しているのです。

ビジネスで成功する為に

では、実際にこれからの時代
成功のために何を学ぶべきなのか。

その答えの一つとして
「コピーライティング」が上げられます。

なぜなら、

・ネット世代の台頭
・スマホの更なる普及
・第三次産業(サービス業)の成長

これらをトータル的に考えると今後インター
ネットを介した商品の売り買いが更に盛んに
行われていく事はもはや明らか。

ですので、

コピーライティングのスキルを持っていれば、
どんな商品さえも自在に販売していく事が
可能になると言う事です。

どうですか?

コピーライティングの凄さ少しでも
分かりましたか?

多くのライティングスキルをもった人達は
どこの企業に属する事もなく時間に縛られ
る事の無い、

まさに「自由なビジネススタイル」で
月に数千万円単位の収入を悠々自適に
稼ぎ続けています。

アクセスが流れてくればそこから商品
が売れてしまう。

そんなサイトを幾つも作り上げ、
ほぼ不労所得と言えるような収入を
継続的に受け取り続けているのです。

それだけの収入源を彼はわずか1年ほど
で作り上げてしまったなど、一体誰が
信じられるでしょうか。

年収●億円のビジネモデル

このビジネスモデルは極めてシンプルです。

商品を売っている事業者達からコピーの
外注を受け、売上のパーセンテージ契約で
その仕事を受けるというもの。

自分が書いたコピーから商品が売れれば、
その売上からの一定のマージンが受け
取れるといものです。

そのパーセンテージは案件によって異
なりますが、業界の平均は利益の約20
~40%ほどと言われています。

1.コピーの外注を受ける
2.コピーを書いて納品する

これだけの作業で年間●億円規模の“収入”を
稼ぎ続けている人達がいる訳です。

そして、

コピーが書ける様になると次に起こるのが
口コミです。

その評判が評判を呼ぶようになり、
あなたには仕事が押し寄せてくるように
なると言う事です。

1本のセールスレターが月に数百円、数千万円
もの収益を半永久的に運んでくれる、

インターネツトが作りだした最高のビジネス
モデルと言わざる得ないと言う事です。

誰が何を言おうと、このコピーというスキルは
ネットビジネスにおける
「最短の成功ルート」です。

ここまでコピーの力がいかに稼げるスキルかと
言う事をお伝えしましたが、それでもあなたは
コピーライティングを無視できますか?

この実証済みのコピーというスキルの威力が
理解できたのでれば、

あなたの有限な時間の9割りをコピー
ライティングに向けるべきです。

コピーの勉強方法

では、どの様にコピーを学べはよいのか?

それか、
今読んで頂いている無料講座になります。

無料です!

しっかりここで学びテクニックを身につけて
いけば誰もが思わず反応してしまうような
強烈なコピーを日常会話のようにスラスラ
と書け上げていく事が可能になります。

インターネット上のビジネスで、コピーの
スキルがいらないビジネスは1つとして
存在しません。

だからこそまずは何よりも先に、
本当のライティングスキルを学んで
いくべきなのです。

是非このブログにおける各コンテンツを
コピーライティングの教科書として活用し、
あなたのビジネスに役立てていって
頂ければと思います。

増井貴司